【コースガイド(根幹距離) MILE】中央競馬各場の芝1600mコースを馬券戦略視点から解説 RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【コースガイド(根幹距離) MILE】中央競馬各場の芝1600mコースを馬券戦略視点から解説


 コースガイド。
 根幹の中の根幹、マイル。なんでもサラブレッドが無呼吸で走破できる距離が1600mということらしい。中央競馬においては重賞の施行数も多く、競走馬の能力を測定して種の進化に寄与するという点でも最重要と見なされる距離となっている。ところがその最重要であるはずのマイルコースを持つ競馬場は結構限られていて、ダートに至っては東京競馬場にしかそのコースがない。なんとかならないのかと思わないでもないが、言っても仕方のないことか。


《東京芝1600m》

東京芝1600m
 ・GⅠ - NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、安田記念
 ・GⅢ - 東京新聞杯、クイーンC、サウジアラビアRC、
     富士S、アルテミスS

 確かなことはひとつ。ここに挙げる中央全場のマイルコースの中では、この府中マイルが最もタフで厳しい設計となっているだろう。このコースで施行されるGⅠレースは3つ。春の3歳マイル王を決めるNHKマイルカップ、熱き女たちの闘いはヴィクトリアマイル、そして上半期マイル戦線の総決算は安田記念。

 スタートからいきなり下り坂。ここにこのコースが非常に厳しいと言われる最初の理由がある。要するにペースが速くなりやすいのだが、間もなく上り坂が現れる。このスタートしてからわずか2Fの最序盤、結構なアップダウンに走りのリズムを狂わされる馬も少なくない。それを過ぎると3角の中間あたりまでがまた下り坂。ちょっと息を入れたいところでそうもいかないコース形状になっている。そこからは極々浅く平坦に近い上り勾配が直線入り口の残り500m地点まで続く。ここまでの間、結局ペースが落ち着かないうちに勝負所の4角出口に差し掛かることになり、それでもここで一気呵成のペースアップに喰らい付いていかないと勝負は終わる。スパイラルカーブを抜けて直線を向くと、それまでは緩かった上り勾配が突然牙を剥いて急勾配に。坂上から平坦の直線残り300mを駆け抜けて、ゴール。どう見ても逃げ切りが困難な、激しくタフなコース。それでも逃げてスピードで圧倒してそのまま押し切る馬もいるというのだから驚くよりほかはない。

 どちらかというと枠順による有利不利の差は小さい方だと思うが、競馬のしやすさではやはり内枠から中枠あたりまでがよいとなるだろう。脚質なら先行タイプか差しタイプになるか。それよりも重要なのは、レース内容から考察し得るクラス別のラップデザインの相違。端的には準オープンまではギアチェンジ戦、オープン以上ではそこに地力の要素が必要となる。つまりは能力の前半要素が問われるか否かがクラスの壁を作り出していると言えそう。たとえば準オープンのレースで単純な後半特化のトップスピード戦を勝ち上がっても、前半要素の部分でも確かな能力を持ち合わせていないと、最序盤からペースの厳しいオープンクラスのレースでは通用しない。勝負所で要求されるギアチェンジ性能のよさだけでなんとかなるのは準オープンクラスまでと覚えておくとよい。

 枠順や脚質を気にかけるのは最小限に抑えて、まずは出走各馬の能力を的確に把握する。実力が反映されやすい府中マイルでは、これが最重要の馬券戦略。ここに天候に左右される馬場状態や開催時期によって異なるトラックバイアスなどを考え合わせながら買目を絞るとよいだろう。

《東京芝1600mの傾向と対策》
・基本はL3Fからのギアチェンジ戦と捉えておいてよい。
・上級条件になるほどペースは前半から厳しく、地力が問われるようになる傾向。
・脚質的には逃げ切りが困難。ただしそれも馬場設定やトラックバイアス次第となる。
・実力は反映されやすいコース。枠順や脚質に神経を注ぎ過ぎず、まずは出走各馬の能力の的確な把握が重要。


《中山芝1600m(外回り)》

中山芝1600m
 ・GⅡ - ニュージーランドT
 ・GⅢ - フェアリーS、ダービー卿CT、京成杯AH、ターコイズS


 どう見ても外枠が不利というコースはあるが、この中山マイルもそのひとつ。どうだろう、このおむすびのような三角形は。コーナーにしてもどこからどこまでが2角なのか3角なのかはっきりわかったものではない。4角出口までは緩急を織り交ぜながら絶えずカーブを描いて、かつ向正面からは下り坂ときている。本当にトリッキーにも程というものがあると感じるコースで、くどいようだが馬群隊列の外々を回される馬はほぼ絶対的な不利を被る。

 詳しくすると、まずスタートから2Fまでの最序盤はほぼ平坦。おむすびの頂点手前あたりからが下り坂になっており、3角半ばまで2Fを一気に。4角は急コーナーで、最後の約300mという直線は短いながらも名物の急坂が待ち受けているというアップダウンの激しいコース設計。基本的にはペースの流れやすいコースだが、やはり中盤の下り坂がラップデザインの規定箇所。ここで我慢が利かないと直線で失速するというお仕置きを受けることになる。

 理想は内枠から逃げあるいは先行して終始インベタを貫きながらコースロスを抑えること。そして要所から動いて出し抜き気味に直線急坂を駆け上がる。中山外回りの3、4角は内回りと較べるとスパイラル気味ではあるが、それでも半径の短い急コーナーのためコーナーワークのうまい機動力に長けた向きだとなおいい。差しが決まらないという訳ではないが、勝ち切るための条件は逃げ・先行タイプの理想的パターンとさほど変わらない。内を突くか外に出すかについても、コースロスを極力抑えた上での立ち回りのうまさが求められての問題。まとめておこう。
 
《中山芝1600m(外回り)の傾向と対策》
・基本的にペースは流れやすい。
・内枠有利、外枠不利。
・逃げ・先行タイプ有利。
・コーナーワークに長けた器用なタイプを狙う。


《京都芝1600m(外回り)》

京都芝1600m(外回り)
 ・GⅠ - マイルチャンピオンシップ
 ・GⅡ - マイラーズC、デイリー杯2歳S
 ・GⅢ - 京都金杯、シンザン記念

 淀には内回りのマイルコースもあるのだが、施行レースは新馬戦と未勝利戦。それらよりも上位クラスのレースについては外回りコースにて施行される。ここではその外回りコースを取り上げてみる。春が府中マイルでの安田記念なら、秋はこの京都マイルで施行されるマイルチャンピオンシップがGⅠレース。求められる能力の違いとはなんだろうか? このふたつのマイルGⅠを比較するだけでも、そのコース特性は浮き彫りになる。

 結論から述べると違いはふたつ。ラップデザインとその相違から窺える後半要素の優先順位。前述したように府中マイルはかなりタフなコースでありながら、上級条件のレースでは前傾ラップになることもしばしば。高速馬場というのもあるが、たとえばヴィクトリアマイルなどはもうスプリント戦かと見紛うほどのハイバランスラップでレースが推移する。かと言ってレース後半はバテバテのポテンシャル戦になるかというとそんなこともないから、やはり府中マイルは厳しい。大概の場合はL3FかL2Fが最速のスピード戦で終始。要するに急流に乗れる地力に加えて求められるのはいわゆる瞬発力。対して京都マイルだが、ラップデザイン的にはスローからイーブン。3角入口を頂点とした勾配がペースを緩ませて後傾ラップを作り出すという訳だ。ちょうどその坂の頂上がコースの前後半を分けるので、レースはどうしてもL4Fから動きやすくなる。求められるのは瞬発力か? 違う。下り坂による加速扶助はギアチェンジ性能の見劣る馬にとっては大きな助けとなる。残り4F。そう、求められるのはトップスピードの持続力。

 府中マイルでは下り坂から得られる加速扶助という恩恵がないために自力によるギアチェンジ性能が要所で求められての3F戦、京都マイルでは3角入口の坂上から下ってゴールまでの4Fという距離を速さで乗り切れるトップスピードの持続力が要求される4F戦。これが違いである。余談にはなるが、従って府中の安田記念と淀のマイルチャンピオンシップを連覇したダイワメジャーモーリスなどは、瞬発性と持続性を高次元で併せ持つ相当に優れたマイラーであったと言える。ちなみにこの両馬ともそれだけでは飽き足らず、秋の天皇賞までをも制していたりする。後者に至っては香港での国際GⅠで暴れまくっていたことも記憶に新しいはずだ。

《京都芝1600m(外回り)の傾向と対策》
・スローバランスからイーブンバランスというラップデザインが基本。
・後半特化気味のレースになりやすく、4F持続のスピード性能が欲しい。
・後手を踏んで外々を回されるとキツい。基本的に外枠は不利。
・3、4角でのポジショニングが重要。先行力のあるタイプを選びたい。
    


《阪神芝1600m(外回り)》

阪神芝1600m
 ・GⅠ - 桜花賞阪神JF、朝日杯FS
 ・GⅡ - 阪神牝馬S
 ・GⅢ - アーリントンC、チューリップ賞


 2006年の大型改修で阪神マイルはすっかり様変わりした。それ以前よりも競走馬の実力が反映されやすいシンプルなコース形状となって、見応えのあるダイナミックなレースが増えたように思う。その分馬券の配当的な妙味は薄れたのかもしれないが。このコースで施行されるGⅠレースは3つ。牝馬クラシック第1弾の桜花賞、その桜花賞への直結度も高い阪神ジュベナイルフィリーズ、そして3歳王者を決める朝日杯フューチュリティステークス。

 まずは単純なワンターンコースで、改修前なら問題のあったレース最序盤の紛れはなくなった。それで枠順の差が小さくなったとは思うが、一概に内枠有利で外枠不利と決めつけない方がよい。起伏の面でも非常にわかりやすい。L3Fまではほぼ平坦。そこから一気に下ってL1Fの減速区間に急坂。言うまでもないが、ラップを規定するのはこのL3Fからの終盤の区間。ここの部分だけを抜き取ると、まずは下るというコース形状から後半特化色が強いレースが多くなり、大概の場合にはL2F最速のトップスピード戦となる。

 スタートからの流れを見ておくと、序盤3角入口までの2Fでいきなり大きくレースが動くというシーンは少ない。3Fまで延ばすと大概のレースは36.0前後で推移しているのではないか。大事なのはその後、3角から4角にかけての中盤2F。結論からすると、緩むというのがデフォルトと考えてよい。従って差し・追込勢のポジションの押上げは自然と楽になるが、この中弛みラップが阪神マイルを後半特化型コースにしていると言える。レースがL3Fから動くことは前述した通りだが、だから問われるのは後半要素。なによりもまずトップスピードのクオリテイー。府中マイルで求められるようなシビアなギアチェンジ性能はあまり武器とはならないが、それでも下り坂を利してスピードに乗せていけるだけの瞬発性やレスポンスの鋭さは欲しいところ。その瞬間的な速さの質で最速区間になるであろうL2Fを駆け抜けたい。その勢いでL1Fの急坂を一気に駆け上がるのが理想か。

 府中マイルとの相関性が強いせいか、馬券戦略もそれに準拠するような形の阪神マイルだとしておく。

《阪神芝1600m(外回り)の傾向と対策》
・基本は後半特化の瞬発戦。それらしいタイプを見極めたい。
・中弛みラップによって、差し・追込タイプのポジションの押し上げが容易。
・従って内枠有利、外枠不利という常識にはあまり囚われ過ぎない方がよい。
・脚質についても同様。出走各馬の能力や資質に目を向けて。


《新潟芝1600m(外回り)》

新潟芝1600m(外回り)
 ・GⅢ - 関屋記念、新潟2歳S

 画像をご覧になるとおわかりだろうが、とにかく直線が長い。そしてコーナーが非常にタイトなコース形状。起伏もそれなりには用意されていて、馬によっては得手不得手がハッキリしそうなマイルコースという印象ではある。ここで行われる重賞は関屋記念と新潟2歳S。

 最序盤は平坦を1F。そこから3角入口までの2Fが上り勾配になっており、ペースが上がりにくいことは言うまでもない。半径の短い3、4角には多少の起伏があるものの、ほぼすべて下りと判断しても差し支えはない。そして日本一長い直線が待ち受けるが、ここはほぼ平坦。

 どこかのマイルコースに似ていないだろうか? 左回りと右回りの違いはあるが、起伏の箇所と言い平坦の直線と言い、新潟マイルは京都マイルとちょっと似ているのだ。では馬券戦略の点も似たようなものかというと、実はそうなのである。ペースが上がりにくいから、ラップバランスは自ずとスローになりやすい。そう、上がりの速い馬を拾えばいいのだ。間違いではない。ただ加速ラップの始まりは淀よりも早くて4Fから。単なる瞬発力タイプを選べばいいというものではないこともわかるはずだ。やはりスピード持続性の有無に着目せずには、握りしめた馬券がただの紙クズになる確率を高くするだけだ。

 新潟の3、4角はいちおうスパイラルカーブとされてはいるものの、見たところほとんど普通のカーブと変わらないと捉えることもできる。いずれにしても半径の短い急コーナーである点には注意しよう。ここは淀とは違う点で、少し中山で必要になるような機動性を持つタイプだとよりベターか。下りで加速しながらの器用なコーナーワークができるといい。ただし絶対に必要な条件という訳ではない。直線の長さがそういう器用さのないタイプを掬い上げる余地も残されているコースであるためだ。

 余程のトラックバイアスでもない限り、逃げタイプは不振と見てよい。現実的には先行タイプか差しタイプに狙いをつけたいが、後方から追い込んで届かないというコースでもない。ただし馬場が高速設定だと後方からでは辛いところとなるだろう。

《新潟芝1600m(外回り)の傾向と対策》
・基本はスローバランス。上がりの競馬になりやすい。
・ただし瞬発戦と決めつけると危険。コース形状はトップスピードの持続力を要求する。
・京都マイルとの相関性を覚えておくとよい。


《中京芝1600m》

中京芝1600m
 ・GⅢ - 中京記念


 2012年の改修以後、中京競馬場も大きく生まれ変わった。その際に新設されたこのマイルコース。中山マイルほどではないにしても、少しばかりトリッキーであると言えそう。行われる重賞は真夏の中京記念のみではあるが、全体で見ればマイル戦の施行数はそんなに少なくもないはずだ。

 上から俯瞰すると、そのコース形状は府中芝1800mに似ている。だからペースバランスも同じようにスローが多いと捉えるのは間違い。スタート後に少し下って向正面半ばまでが上り勾配になっているのだが、であるにも関わらずペースがあまり落ち着かないのはスタートから2角出口までの区間で先行争いが激しくなるシーンも少なくないせいだろう。上りが終わると次は下るのだが、それが3、4角を過ぎて直線入り口までだらだらと続く。やはりペースは落ち着きにくい。そして直線には急坂が。とにかく脚を溜めにくいコース形状。ラップが後傾気味で終始するレースがないとは言わないが、ここはイーブンからややハイといったところがペースバランスの基本線と捉えておくとよいのではないか。

 上って、長い下りを抜けて、最後に急坂。つまりスピードだけで乗り切ることは難しく、ある程度の地力を要求されることは明白。それは基本的に前傾気味であるラップ推移からも見て取れるだろう。脚質的に大きな差は見られないと思うが、逃げ・先行タイプが内枠に配された場合にはやはり注意が必要か。ところが統計としてはなぜだかやや外枠が有利となっている。そんなに気にするほどでもなさそうではあるが。肝要なのは、マイルだからといってレース後半からの瞬発戦や持続戦だと簡単に決めつけずに、そのレースに出走各馬の前半要素を問いかける可能性が潜んでいないかどうかを見抜くこと。バランスの取れた総合力に秀でたタイプをチョイスできればベストだろう。

《中京芝1600mの傾向と対策》
・ペースは落ち着きにくい。イーブンバランスを基本線として考えるとよい。
・スピード偏重タイプではキツい。前後半の両要素をバランスよく備えたタイプを選びたい。


 以上です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。