【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか?


 カフジテイク。うむ、なんにも思いつかん。まァ、がんばれ。

《武蔵野S③ 東京ダート1600m 重》
 12.2 - 10.7 - 11.6 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 12.2(46.6 - 47.2 イーブン)

 マイル戦はというと、ここ最近では昨年の武蔵野Sになる。と言うより、マイル戦はこの馬の戦歴の中にこれ一度しかない。ただこのたった一度のマイル戦をつぶさに検証することで見えてくるものは結構ある。とにかくここで3着という結果を収める訳だが、例によって後方から追い込んでここでは届かずに終わった。いや、届く届かないの次元ではなくて、完敗。その原因はいろいろあるとは思うが、ひとつは単純に高速ダートだったこと。脚抜きのいい軽いダートでは前がなかなか止まってはくれないし、ポテンシャルを問われないような形ではちょっとつらい。もうひとつにはタガノトネールの作ったラップデザイン。仕掛けのはやい4F戦に持ち込まれて、本来あるはずの3、4角でのペースダウンでポジションを詰め切れなかった。それどころかちょっと置かれ気味にさえなってしまった。結果、よく追い込んだものの、惜しくない3着。要するにこのレースではいつもの後傾型の競馬が通用せずに終わったのだが、ここで疑いをかけないといけないのはその前半要素。L1Fでは前を行くタガノトネールも減速している訳で、じゃあ後傾型のこの馬が詰め切るべきところで詰められなかったのはどうしてなんだ?ということになる。カフジテイクもこの時点で一杯一杯なら、その原因は序中盤の追走に苦労したということになるだろう。タガノトネールのレースがイレギュラーだったこともあるが、カフジテイクがこのレースで完敗したことの原因はまずはそこにあると見てよい。脚抜きのよい高速ダートでレースが流れると、後半要素は翳る。そういうことになるだろう。

《チャンピオンズC④ 中京ダート1800m 良》
 12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0(48.8 - 49.5 イーブン)

 このレースで誇示したのは、まずポテンシャルの面では群を抜いているというところ。戦法はいつもと変わらずの後方からだが、ロンスパの5F消耗戦になってその面を発揮してきた。直線を向いた段階でもまだ後方というポジションから、さらに外へと回してゴール前ではいいところまで持ってきた。内を突けばよかったんじゃないかと思われるかもしれないが、タイプ的には残している脚を出し切りたい向きになるから、イン突きではリスクが小さくないという事情がある。結果的には4着で馬券対象にもなってはいないが、この結果には誰もが驚いたはずだ。条件的には武蔵野Sとは逆のパワーダートという中でのレースだったこともこの馬にはよかった。やはりレースの中にある程度のポテンシャルが問われるような要素があった上で力を発揮してくるタイプと言えそうだ。    


《根岸S① 東京ダート1400m 良》
 12.2 - 11.0 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.2(35.0 - 36.1 ハイ)

 ハイで流れた根岸Sだが、後方からの競馬はお約束。ここでこの馬の後傾型競馬の真髄を見せられる。要するに1.1のハイのレースで、この馬はスローバランスの競馬をしている。良馬場でこれくらいの流れだと前半に変な無理をしなくても十分に届くという訳である。単純計算で36.6-34.5という2.1のスローが自身のラップになるが、1.1のハイとはえらい違い。どれだけすごい脚を使っているんだと呆れるばかりだ。ハッキリ言ってこのレースは完全にベストウォーリアの勝ちパターンに嵌ったレースである。その中で自身はまったく別のレースをして完勝を決めてみせるのだから、これはなかなかお目には掛かれないものだっただろう。パワーダートでの淀みない流れからという条件だと、少なくとも大きく負けるシーンというのは極めて想像しにくくなった。

RACING POST by Shang-Hai 見解》高速ダートは割引。それ以外のハイなら極めて有望?

 こうなるとまずは重馬場の高速ダートではその評価も割り引かざるを得ないというのはわかるだろう。良馬場のパワーダートで流れる場合には後半要素の差し脚もそんなに削がれずには済むが、脚抜きのよい馬場ではスピード型の追走能力に劣る分その信頼性も落ちる。その点では今週は雨も降らなかったようだし、週末の降水確率も低い。砂厚の調整もしっかり行われているから、施行条件的にはまず問題なし。良馬場は間違いなくこの馬にとってプラス材料だろう。そういう中で普通に行けば起こるこのコース特有の3、4角でのペースダウンは明らかにこの馬に味方する。後方からの競馬になることは今回もまずは間違いのないところだから、緩むことで勝手に前との差が詰まる点は歓迎できる。その緩みが思ったより小さくなった場合であっても、ポテンシャルにモノを言わせての突っ込みは期待できるところだ。コンディションに問題がなく、馬場状態が良なら、馬券的にはもう重い印を打たざるを得ないところじゃないかなァと考える。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。