【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか?


 ゴールドドリーム。時間ですよ?

《ユニコーンS① 東京ダート1600m 良》
 12.5 - 11.1 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 11.8 - 12.0 - 12.4(47.3 - 48.5 ハイ)

 ちょうど昨年のいま頃、この馬がヒヤシンスSを勝った時に、まずまずやるかもしれんなと感じた。時計的にはそんなに見るべきものがある訳ではなかったが、この馬にはこの東京ダートのマイル戦がピッタリ嵌るような感があった。確たる根拠がある訳ではなく、あくまでフィーリングの問題で。

 5月に園田でケイティブレイブに負けて、そして「ピッタリ」の舞台に現れたのは6月。ユニコーンSでのパフォーマンスは見事だった。スタートから終始好位列の外を追走。4角でジワッと進出して勝負圏を見据える。直線序盤から手応えもよく、抜け出しを図るストロングバローズに迫る。後方の外からグレンツェントも追うが、L1Fを残して勝負は2頭に絞られる。内ストロングバローズ、外ゴールドドリーム。叩き合いの末、クビ差だけ前に出たのはゴールドドリーム。

 ペースバランスはいちおうハイだが、序盤からそんなには上がってはいない。3歳限定重賞だからまずはこんなものだろうとは思うが、このコース特有の中弛みはお決まり。そんな序中盤だから仕掛けがはやくなるのも納得でL3F最速。ストロングバローズを捕えて、グレンツェントを抑えて堂々のパフォーマンスだった。マイルダートなら世代ナンバーワンと呼んで差し支えないなと。

《武蔵野S② 東京ダート1600m 重》
 12.2 - 10.7 - 11.6 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 12.2(46.6 - 47.2 イーブン)

 大井でJDDを3着した後はひと息入れて、戦列に復帰したのは11月。武蔵野Sはやはり東京マイルダート。相手が古馬でもマイルならそう簡単には負けんぞというところを見せた。ペースバランスはイーブンだが、ラップデザインが東京マイルにしてはイレギュラー。息の入った区間は4Fのみで、L4Fからの持続戦になっている。前を引っ張ってなおかつ勝つところまでいくタガノトネールが強かったと言う他はないが、ここでゴールドドリームは2着を堅守。

 ただこのレース、序中盤をうまく運べたとは言えない。ちょっと出遅れたか、序盤は中団中目あたり。緩んだ3角で少し押し上げるが、意外に仕掛けがはやくて4角で落とす。そして直線は完全にしてやられた形ながらも、3着のカフジテイクは問題とせず。そういうレース運びだけに、2着という結果は大いに評価できる。このコースで早仕掛けというタガノトネールの走りにも驚いたのだが、しんどいところから対応してきたゴールドドリームも大したものと言ってよいだろう。    


《チャンピオンズC⑫ 中京ダート1800m 良》
 12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0(48.8 - 49.5 イーブン)

 馬券的取捨の点から言うと、ここでのゴールドドリームは信用できなかった。兵庫チャンピオンシップやJDDといったマイルを超える距離では結果が出ていないという単純な理由がひとつ。そしてその中身がともに直線で勝ち馬に突き放されてのものというのがもうひとつ。マイルなら負けてもあくまで勝ち馬に詰め寄りながらという形を取れるのに、距離が伸びるとそれができなくなる理由は簡単。距離適性の問題と断ずるより他はないところだった。結果的にロンスパの5F消耗戦というきついレースにはなったが、着順としては納得のいくもの。やはりこの馬はマイルでこそというところ。中距離ダートはこの馬の土俵ではない。

RACING POST by Shang-Hai 見解》出番が来た。ここで買わずにいつ買うの?

 もうそんなに言うことがない。とにかくマイルなら簡単には崩れない。出遅れさえなければ前半要素としてはその先行力には問題がないし、そこでたとえ外々を回ったとしても勝負圏から外れるというシーンが想像しにくい。中弛みの3、4角での押し上げもタガノトネールのような思い切った競馬をしてくる逃げタイプが相手でなければ、まずは問題がなさそう。そして後半要素、直線ではきっちりとその脚を伸ばしてくる。叩き合いになっても引かない面が心強い。前走の負け方がだらしないという見方は確かにあるが、適性のないところで出遅れたり外々を回ったりではそりゃ勝負に加われないのは当然のこと。チャンピオンズCの結果は度外視対象でよいと思う。とにかく仕上がりさえ問題がなければ逆らう理由はほとんど見つからない。なんらかの印を回すことはほぼ確実と言ってもいいかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。