【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った?


 ノンコノユメ。嗚呼、ちんこのゆめ。あ、棒はあるのか。去勢って玉だけ取るんだったかな?

《フェブラリーS2016② 東京ダート1600m 重》
 12.2 - 10.8 - 11.1 - 12.0 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 12.1(46.1 - 47.9 ハイ)

 昨年の場合にはとにかく勢いがあった。それはモーニンも同じだが、殊にGⅠともなるとその実力だけではなんともならないファクターが人馬を後押しすることはままあるだろう。前年のチャンピオンズCではサンビスタの2着。後方からインをピッタリ回って直線もそのままインベタで突っ込んできた。ただこの時に思ったことはひとつ。とにかくコーナーワークがヘタ。ヤネは押しまくっているのに、どうしても置かれてしまう。この点が改善されればもう無双できるんじゃないかとさえ思ったが。とにかく連勝は途絶えたがGⅠで2着。最高峰の栄冠はもうすぐ手の届くところにあった。そしてフェブラリーS。

 スタートは悪くない。が、行き脚がつかず後方から。それはいいとして、問題の3、4角。ペースは速いがここで緩みが生じるため、コーナーワークの巧拙も普通であればある程度はポジションも押し上げられる。ところがジョッキーが行こうとして手を動かすも虚しく、思うようには押し上げられない。ちなみに公式の記録では4角出口を12番手で通過となっている。そして直線、追い出すもここでもなかなか押し上げられず。最速地点のL2Fでもまだジリッぽい。さすがに万事休すかと思われたL1Fでやっとエンジンが掛かり、遅ればせながら大外から強襲。が、なんとか2着を死守するのが精一杯という結果。

 モーニンが完璧な競馬をしたため、こんなことを言ってもなんなんだが。もしスタートからダッシュがつけば、もしコーナーワークがもう少しマシだったら、もし追い出しからの反応がよければ。すべてとは言わないが、このうちのどれかひとつでも上手くこなせたら、勝負はもっと際どいものになっていたのだろう。しかし、逆に言えばこれだけ不器用でも2着に突っ込んでくるのだから、その要因というのはきっちり洗い出しておく必要がある。    


《チャンピオンズC⑥ 中京ダート1800m 良》
 12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0(48.8 - 49.5 イーブン)

 その後はひと息入れて、南関競馬。掲示板を外すことはないが、勝つこともない。連対したのも大井の帝王賞のみ。なんのことはない、コーナーワークの拙さを補えるだけの直線の長さがあるからだが、実はここが重要なのだ。そしてこの後に例の去勢措置。これが昨今の不振の大きな原因だとは言われるが、本当だろうか。JBCクラシックが去勢後初のレースになるが、なんだかんだ言ってやっぱり勝つことはないが掲示板を外すこともない。大幅な馬体重減もあり、なおかつ川崎である。逆に勝つ方が不思議じゃないかと。だから個人的にはそんなには変わっていないのではないかと思っていた。そして遂にはその掲示板からも消えるレースがやってくる。

 穏やかなレースが突然嵐の消耗戦に変わる。ノンコノユメにとっては好機だったはずだが、差し込めなかった。5F消耗戦で4角ではもう減速ラップである。それでも置かれてとことんまでコーナリングはヘタッピなのだなと。出口では下がるところまで下がっており、さすがに勝負できんぞこれは。しかしながらそこはバテバテの消耗戦だけに、ポテンシャルにモノを言わせてのバテ差しというのもある。実際にこのレースでは、サウンドトゥルーが後方インベタからアウォーディーを差し切っているのである。ちなみに外を回したカフジテイクは4着だった。結果的にはそのカフジテイクすら捕まえられずの6着。決めつけるのは早計かどうか、さすがにこれは去勢の影響を考えない訳にはいかなくなった。明らかにパフォーマンスを落としているから。ただしまだ術後2戦目、もう少し様子を見てみようと。結局暮れの東京大賞典も、やっぱりこんなもんかなァという半端な印象の4着。本当にどうしたことか。

RACING POST by Shang-Hai 見解》間違いなくベストの舞台。ペースバランスはハイが必須?

 救いがあるとしたら、こういうことになる。連勝で無双していた頃のノンコノユメであれば、その舞台は東京、大井、中京。距離はマイルを中心に1800m戦と2000m戦が1回ずつ。「直線に長さのある舞台でのマイル戦」というのがいわゆるこの馬の「庭」になる訳だ。この1年、どうだったのか。実はピッタリの舞台設定などひとつもない。東京ダート1600m、もちろんなかった。ベストの舞台はまさにここ、フェブラリーSなのだ。厳しいペースバランスの中、直線の長さを利して勝負圏に食い込むのがノンコノユメの好走パターン。その条件が揃えばこそスタートダッシュやコーナーワークのまずさ、L1Fまでエンジンの掛からない末脚のジリッぽさをカバーしながら好走できていた訳だ。もし展開的に利があると読めるのであれば、まだここで捨てることはないだろう。逆にそんなに人気を吸わないであろういまこそが買い時なのではと考えることもできる。必要なのは厳しいペース、ハイバランスラップである。中弛みもあるだろうと予想される中で、我々がどこまでハイになるかを読み切れるか。コンディションさえ良好なら、ノンコノユメの馬券的取捨はその一点に尽きるのではないか。去勢の影響でパフォーマンスを落としているかどうかの判断はその後でいいだろう。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。