【京都記念2017 有力馬徹底解剖】ヤマカツライデン、まず減量。次に池添。問題山積を一掃できるか? RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【京都記念2017 有力馬徹底解剖】ヤマカツライデン、まず減量。次に池添。問題山積を一掃できるか?


 ヤマカツライデン。とにかく絞れ。話はそれから。

《丹頂S① 札幌芝2600m 良》
 13.2 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.0 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.9(イーブン)

 逃げるのであればジョッキーは松山の方が絶対にいいと思うが。とにかくここでは現在の主戦である池添が乗ったレースに焦点を絞って話を進めてみようと思う。時間があんまりないので短く。

 札幌での長距離戦。端的にはイーブンペースからの3F戦だが、もちろんトップスピード戦ではない。道中のハロンラップは押したり引いたりという感じで単調に逃げている訳ではなく、相手もいるからそれなりに駆け引きをしながら自身の土俵に引きずり込むような感じだろう。札幌と言えば洋芝で時計がかかるし、さらにこうやってラップのジグザグテクニックを駆使しながら相手の脚も削いでいく。つまりヤマカツライデンはポテンシャルタイプ。こういう逃げ方が基本的な勝ちパターンになる。

《京都大賞典⑧ 京都芝2400m(外回り) 良》
 12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5(スロー)

 大失敗のレース。完全に池添の糞騎乗。スローのトップスピード戦なんて絶対に勝ち目はない。相手はキタサンブラックだというのに、自分から向こうの土俵に入っていくってなんだそれは。ラップを見る限りは「なんとかしないといけない」という池添の焦りが坂上のL4Fあたりに読み取ることができるが、勝負はもう終わっていました。もう一度言うが、ヤマカツライデンはポテンシャルタイプ。自分からそっちの方向にレースを運んでナンボの馬。距離全体を使って相手の脚と戦意を削いでいきながらやっと勝負ができる。決して与えられた距離の中に助走路を設けてはいけない。そういうタイプなのである。    


《日経新春杯⑥ 京都芝2400m(外回り) 稍重》
 12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1(イーブン)

 天候不順で開催が2日延びた日経新春杯。馬場状態はヤマカツライデンに向いたものだったが、あろうことか今度は陣営の失敗。太い。なにやってんの。イレギュラーで調整が難しくなったのは相手も同じだし、それ以前からすでに太めだったとしたらちょっと話にならんぞと。まず力が出せる状態ではなかったから、負けるのは当然。

 レース経過はミッキーロケットの記事をご覧下さい。

【京都記念2017 有力馬徹底解剖】ミッキーロケット、強敵相手も怯まず重賞連覇なるか?

 ハロンラップをひとつずつ拾っていくとわかることは、とにかく息の入りが甘くて緩急をつけ切れていない。突っついてくる向きをなんとかはやい段階で振り切れるような大きなギャップを作りながら逃げないと自分が苦しくなるばかり。ラップのジグザグテクもあるにはあるが、そこではない。L3Fでひと息ついてもなァ。とにかく札幌でできていたことがどうして淀でできない? 仕上がっていない上に逃げ方が甘い。仕上がっていないから逃げ方が甘くなったのか、どっちなのかはわからないが。たとえばカフジプリンスみたいな大味なポテンシャルタイプの競馬ではなく、それなりに細かいテクニックを駆使しながらの逃げを打たないことには、この先も何度でも勝負どころで捕まって後は馬場掃除という寂しい役割しか回ってこない羽目。池添にはちょっと扱いづらい馬なのか。松山はうまく乗ってたんだけどなァ。

RACING POST by Shang-Hai 見解》まずは絞る。そして池添。どうにもいまいち信用しづらい?

 馬場状態はヤマカツライデンに味方するだろう。日経新春杯と同様、この京都記念でもチャンスがある訳だ。やることはまず馬体を絞ってきっちりと作ること。追い切りは1番時計と聞くが、冬場だしこの際それくらいはしないと。そして問題のジョッキー池添。ここでうまく乗ろうと思うのであれば、2200mという距離をフル活用してペースをある程度引き上げつつ緩急も忘れずに、である。いくら重馬場でもスローに落とすことだけは厳禁になる。できるのかなァ、池添。どうも怪しいよなァ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。