【共同通信杯2017 有力馬徹底解剖】スワーヴリチャード、ここはしっかり勝っていざクラシックへ! RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【共同通信杯2017 有力馬徹底解剖】スワーヴリチャード、ここはしっかり勝っていざクラシックへ!


 スワーヴリチャード。ハイレベルの東スポ杯で2着はダテじゃない?

《新馬② 阪神芝2000m(内回り) 良》
 13.2 - 11.4 - 12.7 - 12.9 - 12.9 - 13.2 - 12.6 - 11.3 - 11.3 - 11.7(63.1 - 60.1 スロー)

 とにかくこの3歳世代、牝馬が豊作だという話はよく聞く。確かにそうだ。そしてハーツクライがこの世代はやるなと。当方はたとえばP.O.G.なんてのをやったことはないんだが、もし牡牝で1頭ずつ指名してもいいと言われたらどうだろう。牝馬だったらリスグラシュー、牡馬ならスワーヴリチャード。そう、やっぱりハーツクライの年だと思うなァ、今年は。

 新馬。クリノハリウッドが離して逃げを打つが、スワーヴリチャードは後方。ペースもゆっくりとしたもので5F63.1。こうなるといくら新馬戦でも仕掛けは早めで、L4Fで馬群が詰まっての3F戦。直線、馬群後方から脚を伸ばそうとするスワーヴリチャードだが、内を突くか外に出すか。四位が進路取りで一瞬迷うようなシーン。結局は四位らしく外に出したが、この一瞬の判断が勝負を大きく左右したと見る。手綱を引かれてスワーヴリチャード、伸びがよくないのも仕方がない。しかしL1F、坂下あたりから猛然と追い込みを開始。ラップの上では勝ち馬のメリオラもそんなに悪くはないのに、映像では止まって見える。強烈な瞬発力を見せたが、残念にも2着。

 負けはしたがこの馬、トップスピードのクオリティーは一級品だとすぐに評価を下せた。直線のモタつきはまず関係ないと見てよい。映像がちょうど切り替わるタイミングでわかりにくいのだが、反応の良し悪しにしてもここまでの脚を使えたら。後半要素に関しては、あとはその持続力の有無を今後で確認できればというところ。前半要素は、もうこんなにスローではちょっと話にならない。若駒のレースなんてそれが当たり前ではあるが。

《未勝利① 阪神芝2000m(内回り) 稍》
 12.8 - 11.8 - 12.8 - 13.3 - 12.9 - 12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.7 - 12.0(63.6 - 60.4 スロー)

 中2週の間隔で確勝を期して望んだ未勝利戦。単勝オッズはなんと1.1倍。

 とにかく負けられないので、新馬戦とは変わってここは先行策。ところがペースが上がらず、ちょっと行きたがっているかなと。四位の手綱がガッチリと抑えられている。そうやってスローのレースを終始好位列のすぐ後方から進む。3、4角でジワっと押し上げ、いつでも行けますという状態。外から4角出口は2番手で直線へ。L2Fで外からピスカデーラが来ているが、それでもひと呼吸置いてからの追い出し。反応はいい。脚色は変わらないがそれも坂下まで。L1Fは独走、手綱を緩めて流して完勝。

 そんなに見るべきものがある訳でもないレース。ただハーツクライの仔にしては少しだが行きたがる面を見せたり、直線での反応が悪くもなかったりで、この段階でこれはやるかもしれんぞと。当然まだまだ荒っぽい面はあるが、順調ならクラシックには乗ると見る。

 そして3戦目には例の東スポ杯2歳Sが選ばれる。    


《東京スポーツ杯2歳S② 東京芝1800m 稍》
 13.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 12.0 - 11.2 - 11.9(48.2 - 47.7 イーブン)

 レース経過はムーヴザワールドの記事でご覧下さい。

【共同通信杯2017 有力馬徹底解剖】ムーヴザワールド、確勝を期したいが強敵も多い?

 スワーヴリチャード、このレースでの単勝オッズは8.1倍の4番人気。本命視されたのは新馬戦で良血エアウィンザーを破ったムーヴザワールド。次いでブレスジャーニー。サウジアラビアRCでダンビュライトを豪快なフットワークで差し切ってきた。さらに次いではトラスト。マイネルのあの相馬眼のおじさんの馬だが、どうやら川崎から札幌と旅をして鳴らしたのが評価されたらしい。トップスピード戦なら少なくともトラストには負けないのではと思ったが、人気の面では譲った形。

 出負けしてどうなるかと思ったが、結果は2着。上がりはトップで33.6。反応のよさではムーブザワールドに優っていたし、そのトップスピードの持続力もかなりある。ただ勝ったブレスジャーニーには脱帽。なんなんだそのフットワークは。とても若駒とは思えないダイナミックな走行フォームで外からクビ差捕らえられてしまった。スワーヴリチャードもこれくらいは走ると思っていたが、上には上がいるなァと。そして公式ラップの上ではイーブンだが、スワーヴリチャードのラップにするとスローバランス。ただ新馬戦や未勝利戦からするとこの点では少し進境を見せたかなとして、前半要素の面でもまずまず最低限の計算は立つなと。

RACING POST by Shang-Hai 見解》スローなら能力的には最右翼。ここを勝ってクラシックの主役に?

 まずは問題なしと見立ててもいい前半要素、質と持続性の両立したトップスピード。結論としては、現状はムーヴザワールドよりもわずかにこちらが上と見たい。明らかに府中向きの特性を有しており、4角出口から安全に外を回すことが多い四位でも問題はない。話しておきたいことはそうもないのだが、やはりひさびさの競馬で仕上がりの面でどうか。それを思えば尻に火が点いているムーヴザワールドやエアウィンザーの方が、今回に関してはデキがいいのかもしれない。その点で今回は評価を下げるという可能性もあるが、能力的にはやはりこの馬を取る。最内枠のスタートも頭数が落ち着いたし、そもそも前に行きたい馬でもない。あまり気にする必要もないかと。前途は明るい。できればここは勝ってクラシックの主役クラスに躍り出たい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。