【共同通信杯2017 有力馬徹底解剖】エアウィンザー、背水手前。クラシック戦線に踏み止まれるか? RACING POST by Shang-Hai 

好きな馬を追え! 元気な馬を買え! 競馬なんて◎○▲△×!

RACING POST by Shang-Hai

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

【共同通信杯2017 有力馬徹底解剖】エアウィンザー、背水手前。クラシック戦線に踏み止まれるか?


 エアウィンザー。ここで賞金加算を逃すとクラシックが危うい。

《新馬② 阪神芝1800m(外回り) 良》
 12.8 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.3 - 12.2 - 11.3 - 11.2 - 11.8(49.0 - 46.5 スロー)

 新馬戦は惜しくも2着。勝ったのがムーヴザワールド。人気の面ではエアウィンザーが上で、単勝オッズは一本被りの1.3倍。そこまで行くのかと思ったが、やはりエアスピネルの弟という点が見込まれたのだろう。

 結果的にはソツのない、センスを感じさせる、そして鞍上武豊らしい競馬をしていたと思う。スタートを五分に出て道中は中団よりやや後ろの真ん中。掛かっていく様子もなく、前にムーヴザワールドを見るような形で進む。5F通過が61.3という予想どおりのスローの中、L4Fあたりからジワリと動いて反応。4角出口では間に1頭を挟んでムーヴザワールドの外。先に前に出たのはエアウィンザーの方で、坂下の地点でムーヴザワールドとの差は1馬身ほど。が、急坂で踏ん張ることができず、ムーヴザワールドに差されての2着でデビュー戦を終えた。

 3F瞬発戦で、奇しくも上がりの時計は両馬ともに34.0。先に動いて坂で止まった、後から動いて伸びた……というように時計は同じでも内容が違う。ここはまずレスポンスの鋭さという点でエアウィンザーの方がよかった。外からスッと抜け出してL2F最速の勢いのまま行くかと思われた。対してムーヴザワールドだが、エアウィンザーと較べるとちょっと反応に鋭さがないというかエンジンの掛かりが遅いという感じだった。その分だけエアウィンザーとの間に差が生まれたと見る。が、L1Fの坂で伸びあぐねるエアウィンザーの内から、鞭を入れて加速したムーヴザワールド。勝負あった、と。

 エアウィンザーだが、この新馬戦だけを見て評価を急ぐことはない。ただ、印象としては兄弟でよく似ているなと感じた。あの反応のよさを見ればトップスピードの質にはいいものがあることはわかる。ところが追って最後L1Fで甘くなる。弟も持続性に問題ありかな? この時点ではいちおうそのように疑うに止める。    


《福寿草特別② 京都芝2000m(内回り) 良》
 12.6 - 11.3 - 12.3 - 11.3 - 12.2 - 13.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 11.7(59.7 - 60.6 イーブン)

 京都の未勝利戦をきっちりとモノにした後、年明け初戦は京都の条件特別。プラス10kgの馬体でパドックにその姿を現したが成長分だろう、太め感はない。負けると皐月賞への出走に黄信号が灯る以上、太めで作っている場合ではないという事情もある。

 レースはスタートを五分に出て後方から。ペースバランスはややハイ寄りのイーブンだが、前で2頭が離して逃げたので縦長の展開。後方から進んだエアウィンザーのラップにしたら、逆に前半5F通過を61.0前後と見てスローバランスのレースをしているとなれば、ここで前半要素の面で深く追及できるほどのものはない。

 後方から進むも馬群が詰まり、直線を向いての2F戦。外から一気に追い込もうとするが脚色が前とあまり変わらずで、思うよりもその差が詰まってこない。結局は内ラチ沿いで止まる気配のないサトノリュウガを捕まえ切れずの2着。いちおう上がりの時計は34.4で一番だが、負けは負け。かなり痛い敗戦。L2Fの反応はまずまずも、L1Fはジワジワとしか伸びていない。ひさびさを割り引いてもこのクラスならなんとかして欲しかったところ。

RACING POST by Shang-Hai 見解》トップスピードは良質も、その持続性にやや難ありか?

 やはりこの兄弟はよく似ていると判断して間違いはないと思う。エアスピネルもクラシック戦線では使える脚を見極めるのに後方からの競馬をしたりと試行錯誤したが、結局はその総合力のよさを生かすためのレースをすることになった。弟のエアウィンザーも恐らくは兄とあまり変わらないタイプ。瞬間的なスピードにはかなりのものがあるが、その持続性の点では甘さを見せる。今度の共同通信杯をスロー想定とするなら、いま灯っている黄信号は無情の赤信号に変わるかもしれない。このまま中団あるいは後方からのレースを続けるなら、正直期待を持てるとは言い難いところ。使える脚を考えると、兄同様に前々でレースを進めながらという形を取らないと苦しくなるだろう。鞍上の武豊がここでそういういわゆる賭けに出られるかどうか。その意味でもこの共同通信杯は見モノではあろう。

にほんブログ村 競馬ブログへ
◉よろしければクリックでの応援をお願いします◉
相互リンク専用受付記事
◉随時受付中です。こちらからお気軽にどうぞ◉

◆ SPONSORED LINK

◆ SEARCH

◆ LATEST POSTS

【お知らせ】今月はいっぱいいっぱいでして、えぇ…… 2017/02/20
【小倉大賞典2017 予想】◎マルターズアポジー(武士沢) ハナは譲らない。ゴールまで譲らない! 2017/02/19
【フェブラリーS2017 予想】◎カフジテイク(津村) 約束の大外強襲で人気に応える! 2017/02/19
【ダイヤモンドS2017・京都牝馬S2017 予想】◎アルバート(ムーア) ここは出番。横綱相撲で決める! 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】カフジテイク、稲妻の剛脚。後方から前をちぎり捨てるか? 2017/02/18
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】サウンドトゥルー、ひさびさのマイル戦でも末脚炸裂か? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】コパノリッキー、嵌れば脅威。 伸るか反るかは運次第? 2017/02/17
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ベストウォーリア、飽くなき挑戦精神。遂に大願成就なるか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ゴールドドリーム、無双のマイルダートの王者へと突き進むか? 2017/02/16
【フェブラリーS2017 有力馬徹底解剖】ノンコノユメ、目覚めるか。去勢後の覚醒へ舞台は整った? 2017/02/15

◆ MAIL FORM

NAME:
MAIL ADDRESS:
TITLE:
TEXT:

◆ PROFILE

・文責 : Shang-Hai(Shunsaku Kogure)
・週末の中央競馬予想。たまに南関競馬にも手を出す。
・有力馬徹底解剖、展開想定、買目予想など。
・レース回顧及び反省など。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。